ESSO(エッソ) 〜いまさら聞けない!?自動車用語辞典

「ESSO」
エッソ


ESSO(エッソ)とは、エクソンモービルおよび、その関連会社が使用するガソリンスタンドブランド。

Eastern-States Standard-Oil(米国東部州のスタンダード・オイル)の略で、そもそもはスタンダード・オイル・トラストが解体されたに後に誕生したスタンダード・オイル・ニュージャージー(のちのエクソン)が1911年から用いた商標。

米国では、スタンダード・オイルから分割された他社との商標の兼ね合いから、ニュージャージー州以外ではHumbleやEnco等のブランドを用いられていたが、1973年からは全米統一でEXXON(エクソン)に改名された。

日本では、1961年に日本法人エッソ・スタンダード石油が設立されESSO(エッソ)ブランドの取り扱いを開始。

エクソンモービルの傘下を経て東燃ゼネラル石油(のちのEMGマーケティング合同会社)によってガソリンスタンドを展開してきたが、2017年にモービル石油、ゼネラル石油とともにJXTGエネルギー社に吸収合併され、2019年にはENEOS(エネオス)ブランドに統合されることとなった。

関連 石油元売モービル(Mobil)ENEOS(エネオス)

Tweet

1.かなもくじ
2.英字もくじ
3.数字もくじ
4.分 類 別

0.自動車用語トップ